愛犬のページへ

愛犬の健康と病気

猫のページへ

愛猫の健康と病気

フェレットのページへ

3大老齢病(副腎腫瘍・リンパ腫・インスリノーマ)が増えています。

ハムスターのページへ

ハムスターの健康と病気
腫瘍の手術が増加しています。

ウサギさんのページへ

来院動物の3割がうさぎさんです。

みやぎ小鳥のクリニック(仙台市)

年間約3,000件の小鳥の診療実績があります。

犬のアレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎のワンちゃんが増えています!!

がんの免疫療法(BRM)

身体に負担をかけることなく、症状の緩和をもたらす治療法

猫のページへ


◇1番大切なこと〜良質のキャットフードを与える


ちまたにあふれているキャットフード。どれを与えたらいいか迷うでしょうが、実は信頼できる製品は数えるばかり。

 低価格・低品質のフードによる病気が急増中!そして魚やかまぼこ、かつお節も腎臓病の原因ですので与えてはいけません。

 良質のキャットフードと新鮮な水。これだけで猫ちゃんは満足だし、健康にも最高です。食べ物に関しては、変な癖をつけないようにしましょう。

 体の全ての細胞は食べ物からつくられるのです。

 ※おすすめキャットフード→サイエンスダイエット、アイムス



◇2番目に大切なこと〜予防接種を受ける


生命に関わる伝染病のいくつかは予防接種で防ぐことができます。

 外出しない猫も感染する伝染病のための「3種ワクチン」と、外出して感染する「伝染性白血病ワクチン」を含めた4種ワクチンがあります。
 あなたの愛猫にはどちらが必要かご相談ください。

 どちらも1年に1回の接種(初年度のみ2回)です。

料金:3種ワクチン¥4,200、4種ワクチン \6,300


◇3番目に大切なこと〜1年に1度の検診


毎年予防接種時に一緒に行うと便利です。全身の身体検査と血液検査を行う事で、異常を早期発見し、早期治療あるいは病気を予防することができます。

 料金:¥5,000(血液検査、尿検査、身体検査)
Aコース \5,900(血球計数、血液生化学6項目、身体検査)
Bコース \9,100(Aコース+X線写真)
Cコース \14,000(要予約):血球計数、血液生化学14項目、X線写真、腹部エコー、尿検査
(以上料金は全て税別)


◇4番目に大切なこと〜猫フィラリアの予防


蚊に刺されて、細長い寄生虫(フィラリア)が心臓に住みつき、心臓発作を起こします。病気は知らないうちに進行し、突然死する事があるので、早期発見が困難です。有効な治療法もまだありません。したがって予防が大切です。

 特に外出する猫ちゃんは要注意です。予防は、6〜11月の間、毎日1回予防薬を飲ませます。料金¥800×6=4,800円


 以上、病気を予防し、健康維持のために大切なことをあげましたが、どこまでやるかは飼い主さん次第です。動物は自分で健康診断を受けたり、恐ろしい伝染病を予防する事ができません。口の聞けない「家族」には、あなたの「愛」が必要です。

 何でもお気軽にご相談ください。